Columns

クマ博士のゆかいなリノベ研究室

教えてクマ博士!家は購入すべき?ライフスタイルに合わせた住宅の選び方は?

これまで何軒ものリノベを手がけ、研究してきたクマ博士。東京の片隅にある研究室には連日のように来客があり、リノベに関する「これってどうなの?」を愉快痛快にお話しているようです。 今日来ているのは、子供を授かったことをきっかけに物件購入やマンションリノベが気になりはじめた、タナカさんご夫婦(犬と猫を1匹ずつ飼っている)。 住まい選びとライフプランの分かれ道である「購入or賃貸」の決め手について話しているみたい。早速のぞいてみましょう。

結局僕たちに向いてるのはどっちなんだろう…?
結婚!出産!転勤!とか、賃貸の更新とか……家をどうするか考えるタイミングってけっこうありますよね…
人生を考えるたびに、毎回分かれ道で悩んじゃうんです。
そうですよね、わかります。
「賃貸」にも「購入」にも、いろんな側面があるので、どちらがその時々のお二人に最適なのか、知りたいですよね。
何事にもメリット・デメリットがありますもんね。

そう!
メリットとデメリットをふまえて、自分の将来像やライフスタイルに合った住み方の選択ができるといいですよね。

子供が生まれて、ライフスタイルも子供中心に変わっていくし!
そうだね。僕らも今までとは違う視点で家について考えないと。

 

家を購入すると、どんな自由が手に入る?

まず、家を購入する代表的なメリットを以下の3点にまとめました。

自分の資産となる
家へのこだわりを実現できる
同じグレードの家なら購入の方が月々の支払いが安い

賃貸との最大の違いは自分の資産となること購入した家は、住むことはもちろん、壁を壊したり床を張り替えたり、貸すことも売ることも自由にできます。

賃貸の場合、毎月のお支払いは大家さんへ。購入の場合は、毎月のお支払いが自身の資産のため。
ですよね。
購入するとなると、住宅ローンを組んで、賃貸の家賃の代わりに毎月ローンを返済してく感じですよね。そして、返済が終われば支払いもなくなる!
そう、ゴールがあるんです。
それは大きいよね。
生活していると、税金だったり年金だったりいろんなことにお金がかかって。。
住む場所の心配が減って、老後に家賃がかからないっていうのはいいね。
子供のこともそうだし、老後のことも考えていく年頃になったんだね、僕らは…(笑)

うんうん。

長い目で見ると資産になることの魅力も大きいですが、自分らしいテーマやデザインの家に住めることもすぐにかなうもう1つ大きな魅力です

購入した不動産を、リノベーションやDIYで工夫を加えていくのは自由。壁紙や床を自分の好きなデザインにしたり、アイランドキッチンにしたり、パントリーを付けたりなど、こだわりの家に出来るのは大きな魅力です。

やっぱりそれは魅力的だよね。
お金の話も大事だけど、自分らしくたのしく暮らせる空間に住めるって私はすごく大事にしたい。
僕も僕も。色んな妄想するのが楽しいしね。
最大のわくわくポイントですね!
もう1つ、一般的には同じようなプランの家なら購入した方が毎月の支払い額を安くできるってことなんです。
えっ!そうなんだ。
たしかに、3LDKとか広くて部屋数もあるようなマンションって賃料が結構高くつくイメージがあるね。
今まで賃貸物件を探してた時もそうだったかも。生涯ずっと払う金額が一緒っていうのも、人生のお金のことを考えやすいね。

家を購入して、困ることって何だろう?

さて、次はデメリットについて。
家を購入する代表的なデメリットは以下の2点。

・多額の住宅ローンがある
・転勤などの移動に対応しにくい

住宅ローンって、銀行からお金を借りるってことだからね。組み方によって、結構長い間払い続けることになるよね。
転職したり、病気をしたりして収入が変わったら、重くのしかかってくるかもね。
そうですね。景気や銀行によって、金利やローンの年数も様々なので、どうやって融資を受けるのがお二人に最適なのか判断するのは大変ですよね。
景気っていくら勉強してみてもわからない・・・。
それはあなたが・・・。ところで博士、不動産の資産性がわからないってどうゆうことなんですか?
はい。これ、とっても難しいポイントなんです。デメリットになる時もあれば、メリットになることもあって。
とゆうと???
不動産の価値って、建物自体の力ももちろんあるんですが、地盤だったり周辺環境だったり土地柄だったり、いろんな要素で決まっているんです。
確かに賃貸物件が人気のエリアだと狭くても高いのと一緒・・・?
そうなんです。あとは天災とかで価値が変わってしまったりするのは、誰のせいでもないですからね。
確かになぁ。不動産を買うって、いろんなことを考えて決断しないといけないんですね。
あなたの転勤とか、子供の学区を変えたくなったりとか、いろんなことがあるもんね。
はい、購入する不動産もそうですが、タイミングも考慮する必要がありますね。
そうねえ、もし転勤になったら単身赴任?家族で引越し?
あんまり考えたことなかったけど、家賃は二重になるのか!それって結構大変…。
そうして長く家を空けることになった場合には、家を「貸す」「売る」などの可能性も出てくるので、貸しやすい場所にある家を購入するのも一つの考え方ですよ。
僕は、家は買いたいけどいつ気変わりするかわからないから、資産価値の下がりにくい場所に買ったりしたいな。良い家だったら、借りてくれる人もスムーズに見つかるだろうしなぁ。
少しずつ道筋が見えてきましたね!
併せて、賃貸に住む場合も考えてみましょうか。
家を買うデメリットを聞くと賃貸でもいいかなあ、とかも思うなあ。
近隣のコミュニティだったり管理組合だったり修繕計画だったり、他にも気を配らないといけないこともありますからね。

賃貸に住むと、どんな自由が手に入る?

家の購入は「大きな持ち物」を一つ持つこと。賃貸は大きな持ち物を持たないことで「住み方の自由度」を大きくしていることが特徴です。

賃貸に住む代表的なメリットは以下の3点。

・住み替えが比較的簡単
・購入に比べてリスクが少なめ
・住宅ローンを組まなくても大丈夫

賃貸だと、駅近の中でも色んな選択肢があるからいいよね。
ここ住んでみたい〜って言ったら住み替えられるんだもんね。
人気エリアとかって手放す人も少ないから、希望の場所に良い物件がないってこともあるけど、選べる数が多いよね。
賃貸なら、エリアの内外で住み替えていくのも簡単です。転勤だったり転職だったり、引越さないといけない時に、賃貸の身軽さは大きなメリットになりますよね。
いろんなエリアの、いろんな家に住んでみたい!って思う人は賃貸なのかもね。
都内は東西南北いろんな町があるから、それを存分に楽しみ尽くすこともできちゃう。
ご近所トラブルとかも、引越すことで解決できるし。
そうです、そのあたりが購入とは大きく違ってリスクが少ない部分なんです。
引越したいと思っても、購入した家の処分や住宅ローンの支払いを考えなければいけません。家を持たないことは住み方の自由を得ることに繋がりますね。
お金の面でも、何千万円っていうローンを組んでいるわけじゃないから、いざ収入がなくなってもちょっと気軽!
え、気軽なの?

賃貸に住むと、困ることって何だろう?

では、最後に賃貸に住む代表的なデメリットの3つをみていきましょう。

・自分の資産にはならない


・住み替えの度に初期費用がかかる


・自分の暮らしにぴったりの家は少ない

賃貸住宅はあくまで「家を借りている」ので、自分の資産とはなりません。
今はまだ収入が安定してるけど、70代80代になっても家賃を払い続けるってのは少し不安かもね。賃貸を探して契約するのも難しくなるって聞くし。。
「どうせ家賃を支払うなら自分の資産にしたい」ってこないだ職場の後輩が言ってたな。
将来的には売ったり貸したりしてお金にできるって。
そうですね。
気軽に引っ越しができると言っても、引っ越す度に手数料だったり初期費用がかかったり。
お金のことって本当に難しい。。
お金もそうだけど、賃貸物件って普通というか、デザイナーズみたいなのって人気ですぐ埋まっちゃったり高かったりして、好きな空間に住むって難しい。
賃貸住宅は、リノベやDIYなど内装の自由度が低くなってしまいますね。
原則として、賃貸住宅は借りた時と同じ状態で返さないといけないので、賃貸住宅でのDIYはかなり工夫が必要ですよね。

ライフスタイルに合わせた家選びで暮らしを楽しむ

色々と見てまいりましたが、どうでしたでしょうか?
考えないといけないことがわかったのと同時に、多くて整理も大変だなって。。。
整理、頑張りましょう。このタイミングで考えておくと、ライフプランも描けて一石二鳥かもしれません。
確かにそうですね!
購入するか賃貸にするかは、ご自身のライフスタイルに合わせて考えることが大事なので、「子供が出来たから購入すべき」などの一般的な「〜べき」論には注意してくださいね。
はい!どこかで子供ができたら買わなきゃなんて思っていたかも……
そうだよ、こどものこととか老後のこととか不安なことはキリなくでてくるし、僕たちらしい選択しよう。
あなた…♡
あなた…♡
いや、博士まで「あなた…」とかやめてくださいよっ!
より納得感のある住み方と暮らしを見つけていく人が、ひとりでも増えることが僕の幸せなんです!つまり、応援してるんです!(笑)
博士、すてき。
一緒に、お二人らしい暮らしを見つけていきましょう。
ありがとうございます!また、相談に来ます!
013

4軒目の家族暮らしで初めてのリノベ。

共働き夫婦が今まで感じた不便をとことん解決!ゆったりキッチンと賢い収納でスマートなLDKづくり。

I様邸

3人暮らし

012

「ただおしゃれ」ではなく、個性あるデザインを。

ひろびろ23畳のLDKに重厚な色づかいでつくる、堂々とした暮らし。

Y様邸

2人暮らし

国分寺

資料請求

リノベーション事例集やお得なキャンペーン情報を郵送します

ico_documents

資料請求する